こんなことでも防げる?かんたんな誹謗中傷対策!

どんなことで誹謗中傷される?

誰でもされたくない事、SNSをやってると一番に思いつくのは誹謗中傷ではないでしょうか?しかし、つい感情的になって安易に発言をする事で誹謗中傷されることもあります。例えば、感情的になって安易に誰かを傷付ける発言をしてしまったりよくあることですが相手からしてみると攻撃された、悪口を言われたと思われることもあります。そんな時相手も感情的になっていますので拡散されてたくさんの人から誹謗中傷をされる事があります。

ネットの世界での拡散力の恐ろしさ

悲しい事に人間は顔が見えない状態のSNSなどでは特に誹謗中傷を面白がって拡散したり意見を述べたりという傾向にあります。ネットという失際に顔を突き合わせて話してないからこそ誹謗中傷に関しては特に悪い方向に尾ひれがついてもっとひどい人だとレッテルを貼られる事もあります。そしてネット、SNSに関しては特に一度発言をしてしまうと一生ネットの世界にそれが残ってしまうという恐ろしさがあります。一度誹謗中傷が収まったと安心していても数年後に実はこの人は過去にこんな事をしていたと再度拡散される恐れもあります。

誹謗中傷に関するとっても簡単な対策

まず誹謗中傷の対策としては感情的になって発言をしない事です。ついカッとなって発言をしてしまいそうな時は一呼吸おいて一度考える癖を付けましょう。そして顔が見えないからこそ、もし自分がこんな事を言われたらどう思うかと考えてみましょう。それだけで誹謗中傷をされそうになる機会はぐっと減ります。そしてこれはどうかな?と思うような内容を発言する時は必ずごく親しく信用できる人や信頼している人だけが見えるところで発言をする事をこころがけましょう。

いくら根も葉もない誹謗中傷を掲示板に書き込まれても、2ちゃんねる削除は出来ないです、そこで物量作戦でsageで多くの意味の無い書き込みをしてスレッドを消費するやり方が一般的です。